ちょい飲み手帖でせんべろ一人飲みが最大限に楽しめる件。

 こんにちは、ゆかりんです。

またまた久しぶりのブログ更新になりました。

前回の投稿から1カ月半ぶりです(´・ω・`)

「ブログが継続できない。この記事で更新するぞ!」と宣言したのに、、

ブログに対して、有言実行になってるのですが、この記事投稿でもっと更新しよう!と思う。

 

 本当にゃお?

 

歯磨きみたいに習慣にしてみるよ!

 
という事で、肝心な本題にはいります♪

今回のテーマは、

「一人飲み」(複数のみでもOK)

「せんべろ」

が、めちゃんこ充実できる

ちょい飲み手帖

というものについてお伝えしますね(^◇^)

それでは、行ってみよーーーーーーー!!!

スポンサーリンク

ちょい飲み手帖とは?

  1. まず、ちょい飲み手帖(1080円)を購入します。
    書店、コンビニ、(ちょい飲み手帖掲載店にあることも)にて。
  2. お好きなお店を選ぶ
  3. 入店してすぐ、ちょい飲み手帖を提出します。
  4. お好きなドリンクを伝えて、、
  5. お料理が出てくる。

こんな感じのシステムです(^^)/

お店によって、使用可能時間。曜日などわかりやすく書いているよ!

今のところ、大阪キタ、ミナミ、京都といった地域のみだけど、もっと広がるといいなぁ。

肴はちょいではなく、もはや豪華セット!!

1,000円セット(1ドリンク付き)のお料理(おつまみ)も素晴らしい。

上の写真の通り

「これで1,000円でいいの?」

って思うくらいお得感があるゴージャスな内容です。

私はお酒をよく飲むので、1,000円だけで終わることは無く、追加で1杯、2杯、追加注文しています^^

酔っぱらって、勢いがついて1000円から8000円台になったこともあります。

これは要注意ですね(^-^; 笑

 

ちょい飲み手帖フォトコンテストも楽しめる

ちょい飲み手帖にはフォトコンテストというのがあるんです!

インスタグラム、ツイッターから応募できて、当選すると次の時期のちょい飲み手帖(1,080円)がプレゼントされます。

当選にも色々と部門があるの♪

上の写真の赤で囲んでいるのは私、、

顔出ししている、のんべえHappyフォトに当選したのだ(*´▽`*)

 おいおい自慢にゃ?

 

ちょっと自慢もあるけど、こんな楽しみ方もあるよ!とお伝えしないとね♪

 

 楽しみを増やそう♪

 

おつまみレシピ参考になる

ちょい飲み手帖に出会ってから、おつまみ作り、食器など興味を持ち始めたんです。

食器は100均、白いお皿で十分と思っていたのですが、今は料理(おつまみ)によって色々演出するようになってしまった(^◇^)

おうち一人居酒屋が楽しくて、Youtube動画で見て頂くのもヤリがいを感じる♪

居酒屋さん風に、

初めてカゴを買って竜田揚げを盛ってみた^^

楽しみがまた増えてワクワクです(^_-)-☆

 

ちょい飲み手帖で一人飲みしている姿【Youtube動画】

 

ちょい飲み手帖キタを使って1000円セットを頂いた動画です。
(プラスお酒は、いつも追加します♪)

天神橋筋六丁目にある鶏酒場「壮や」さん。

  • ドリンク1杯
  • きゅうりたたき
  • おまかせ焼鳥3本
  • 鶏寿司(2カン)

これで1000円!!!

わたしは、すごく焼鳥が大好きなのだが、ここ「壮や」さんで焼鳥の美味しさ、手羽先の切り方、盛り付け、見栄えにも素晴らしく個性があり感動した。

この時、自分で作れるよう極めてみたいと思った。

そして、お料理教室で丸鶏(鶏丸ごと)1匹さばいて、さばきたての焼鳥を作る経験もした。

この、ちょい飲み手帖で、食べ飲みの視野が広がったのだ(^◇^)

動画を見ていただいたら、雰囲気がより伝わると思います♪

まとめ

ちょい飲み手帖は、大阪、京都と地域限定なのですが、1,000円で豪華なおつまみとドリンクが楽しめるよ!という魔法の手帳なんです(^_-)-☆

今回はサラッとした説明で、これから1店舗ずつ

食レポ(呑みレポ)記事も書いていこうと思います(^^)/

いつも、見てくださり、ありがとうございます。
スポンサーリンク