【保存版】本気で目の下のクマを消す法則と原因を徹底検証してみた

こんにちは、ゆかりんです^^

目の下にクマがあると疲れて見えるし
実年齢より老けて見えるのが悩ましい(+_+)

睡眠不足や疲れがクマの原因でもありますが
これだけではありません。

クマにも種類があり、
それぞれクマができる原因と対策に違いが!

自分のクマのタイプを知って
原因と消す方法対策する必要があります。

それでは目の下のクマの
原因と取る方法をお伝えします!

目の下のクマの種類①【茶クマ】

目の下のクマの原因(茶クマ)

目の下にできる茶色のクマは色素沈着や
目をこする癖がある人が茶グマの原因にあります。

分かりやすいくポイントをまとめてみました!

  • 洗顔でつよく摩擦している
  • マスカラ、アイメイクを落としきれてない
  • 乾燥肌、敏感肌でかゆみが出る
  • 目をこする癖がある
  • 日焼け、紫外線のダメージ
  • 肌に合わない化粧品を使い続けてる

 

私は日焼けをするとクマが隠れると
勝手に思い込みをしていたのですが

紫外線のダメージを受けると
メラニンが沈着して
目の下にクマができる大きな原因にあたります!

アイメイクをちゃんと落としきれてないと
目の下だけではなく目の回りも色素沈着し
茶グマになるので注意が必要です。

私は鼻炎持ちの敏感肌で
目もかゆくなる事があり気づいたら
めちゃ目をこすっている・・・

なので茶グマになりやすいんです(*_*)

目の下のクマ解消法(茶クマ)

早く茶グマをすぐに消したい!

という気持ちはすごくわかるのですが
一度できてしまった茶グマは時間がかかります。

根気よく解消法を続けると茶グマは改善していきます!

  • 目の周りをこすらない
  • 紫外線対策をしっかりする
  • アイメイクをちゃんと落とす
  • 洗顔、クレンジングは優しく丁寧に
  • 美白化粧品を使う
  • 自分のお肌に合う化粧品を使う
  • メラニンを抑えるビタミンを摂る
    (パプリカ、ブロッコリー、しそ、キウイ、グレープフルーツ、いちご)

アイメイクはしっかり落とす必要があるのですが
お肌を刺激しないように気を付けましょう。

優しくクレンジングと洗顔をするように心掛けます。

強いクレンジングじゃないと取れない
濃いアイメイクはできるだけ避けるのもポイントです。

春夏秋冬、強弱はありますが1年中
紫外線は降り注いでいるのでUVケアは年中することで
日焼け対策、色素沈着を防ぎます。

すでに日焼け、紫外線ダメージを受けた
という方は美白化粧品を使うと良いです。

目の下のクマの種類②【青クマ】

目の下のクマの原因(青クマ)

青クマの原因は血行不良が大きな原因にあります。

目のまわりは細かい毛細血管がいっぱい通って
顔の中でも目の回りは皮膚が薄いので
毛細血管が透けて青っぽいクマとして現れます。

  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 生まれつき皮膚が薄い
  • 喫煙
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 疲れ
  • 冷え性
  • パソコン、スマートフォンを長時間見る

これらの原因から血行が滞りやすくなります。

またお肌が色白の方、
若くても生まれつき青クマが出やすい方
極度のストレスと過労で青クマができた方
と様々です。

目の下のクマ解消法(青クマ)

青クマになる原因は血行不良なので
血行を良くするケアで解消につながります。

  • 蒸しタオルで血行を良くする
  • パソコン、スマホを見る時は休憩を入れる
  • アイクリームで目元をケアする
  • 目元のツボ押し
    (強くこすると茶クマを悪化させるので注意)
  • 適度な運動で血行を良くする
  • 半身欲で全身を温める

このように血行が良くなる方法で
青クマを対策していきます。

目元のツボ押し
強くこすると逆効果に・・・
茶クマになるので気をつけて下さいね。

アイクリームや保湿クリームなどを使って
優しくツボ押しが効果的です。

※目元のマッサージは色素沈着の原因になる可能性があるので避けた方がいいです。

目の下のクマの種類③【黒クマ】

目の下のクマの原因(黒クマ)

年齢を重ねることで、下まぶたの皮膚が薄くなり
たるんで前に出てきやすくなります。

そして目の回りの筋肉も衰えることで
目の下の眼窩脂肪(がんかしぼう)を支える力が減って
膨らみができて影ができて起こるのが黒クマです。

  • 加齢で下まぶたの皮膚が薄くなる
  • 目の周りの筋力が衰える
  • 皮膚がたるむ
  • 生まれつき眼窩脂肪が多い

黒クマはコンシーラーやファンデーションで
隠しにくく、厚塗りすると返って目立ってしまいます。

加齢で皮膚が薄くなる。

目の周りの筋肉の衰えも原因ですが
眼窩脂肪(がんかしぼう)が生まれつき多いと
若くても黒クマが目立つという方もいます。

目の下のクマ解消法(黒クマ)

  • 眼窩脂肪を取る手術
  • 凹んでいる場合はヒアルロン酸を注入
  • 表情筋(目のまわり)を鍛える
  • 頭皮マッサージ
  • ツボ押し
  • コラーゲンを増やす

眼窩脂肪を取る手術やヒアルロン酸注入などは
あっという間に黒クマを解消してくれるのですが
費用と勇気がいりますよね。

普段から表情筋を鍛える。

外側からアイクリームで
コラーゲンを増やして
眼窩脂肪を支えれるようにするというのも
毎日の積み重ねが必要ですが
続けて行くと黒クマが少しずつ改善されていくでしょう!

目の下のクマ解消するツボ押し

目元のツボ押しでクマを改善する方法をご紹介します。


太陽(たいよう)

こめかみ近く
(目尻と眉の端の間でくぼんでいる場所)

四白(しはく)
目の下まぶた骨のみぞから1cm下の部分

清明(せいめい)
目頭と鼻の付け根の間

アイクリームや保湿クリームを塗ってから
滑りを良くしてからのツボ押しが目の下のクマやたるみに効果的です。

⇒評判のアイクリームで目の下のクマが薄くなった?

まとめ

目の下にできるクマは3種類あり
原因や解消方法に違いがあるのですが
それぞれの紹介をさせて頂きました。

自分のクマのタイプを知ってから
原因を解消法でクマが少しでも改善すると嬉しく思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です