女であることが嫌!苦痛だと思った時にやって楽になったこと

んにちは、ゆかりんです^^

今回は女性についてのお話なんですが

「女であることが嫌で苦痛」
「女って細々とやる事が多くめんどくさい!」

と思ったことはありませんでしょうか?

ここまで思う女性はそんなにいないですが
知り合いに聞くと「めんどくさいとは思う」という声をよく聞きます。

20代のころはそうでもなかったのですが
いろいろな40代50代の女性と話す機会があるので
「めんどくさい」
「疲れた」
「やる事が無駄に多い」などなど耳にします。

実際に私がそうで40代になってから
女であることが嫌で苦痛だと思うことが多くなりました。

女であることが嫌で苦痛と思ったこと

男性に比べると女性は生活の中で細々した行動が多くあります。

  • 化粧をする
  • ブラジャーをつける
  • 毎月の生理がある
  • 長めの髪の毛を洗う乾かす作業
  • パンストをはく
  • 下着選びがめんどくさい
  • 胸がジャマ(ジャマというほどないのですが)

女っていちいちオプションが多い・・・

検診では
乳がん検診、子宮頸がん検診などなど受ける必要もあります。

私は30代半ばから子宮筋腫があり
(すこしずつ大きくなってます)
昨年の人間ドッグで子宮腺筋症というのが発覚(;´Д`)

めんどくさい物がいーーーっぱい。

でも嘆いても仕方ない。

それなら出来るかぎり「やらない事」を見つければいいじゃない!
改善すればいいじゃない!

ということで、私がやってみて楽になったことをご紹介しますね。

女性である事を楽しむようにしたいけど
自分が不要だと思うことを削除していこうという結果になりました♪

女性であることが嫌を改善した方法

思い切ってショートヘアにした

1年前までずーっとロングヘアでした。
女性の髪の毛は長いものと心のどこかで思い込んでいたんです。

ショートヘアにするなんて考えもしなかったですし
髪を切る勇気がありませんでした。

生まれて初めて?(子供の頃ぶり)に
思い切ってショートヘアにしてみると

すっごく楽チン

なのと心までアクティブになりました。

もうショートヘアにハマって
襟足はバリカンで刈ってもらいます♪

髪の毛を洗う、乾かす時間が劇的に短くなったのもあり
女であることが苦痛な1項目を消去することができました。

男性に生まれ変わったら絶対にスキンヘッドにしたいです!

だてマスクで化粧しない

会社に行かなくていいときは化粧をしません。
しかし社会に出ている限り一応化粧をするのがマナーの様です。

どちらかと言うと化粧は面倒な作業と感じるんです。

会社に行くとき化粧がめんどくさい時は
風邪をひいていなくても
だてマスク

これでほぼすっぴんの化粧なしで時間短縮しています。

ユニクロのブラトップでブラジャーなしにした

 

ブラジャーを付けたり外したり。
めっちゃめんどくさい。

特にブラジャーをつける時ホックが中々引っかからない。
こんな動作もずっと無駄に感じていました。

ブラジャー生活とおさらばして
ユニクロのブラトップにずっとお世話になっています。

デメリットはバストの位置が下がってくる様な気がします。

これを気にしないのならめっちゃ楽チンなのでおすすめです。
かなりストレスフリーになりました♪

毎月のつらい生理対策

生理があがるまでは
これは避けたくても避けれない。

毎月やってくる生理と生理痛までセットになって(´;ω;`)ウゥゥ

私は子宮筋腫と子宮腺筋症があるせいで
生理の1~2週間前から腰痛・腹痛があるんです。

なので鎮痛剤(ロキソニン・バファリン)はいつも持ち歩いています。
痛みが軽減されたときお薬に感謝の気持ちが大きくあります。

生理用品はナプキンだけでなく
生理2日目の量が多い多いときはタンポンを使うととっても楽になりました。

「今、生理中だったの?」って感じで♪

何回も洗って繰り返し使える
月経カップも気になるので考えてみようと思います。

つらい生理、生理痛を忘れさせてくれる

  • 薬(ロキソニン、バファリン等の鎮痛剤)
  • タンポン(月経カップ)

特別なアイテムではないのですが
これでつらい生理を乗り越えることができます。

生理前のPMS(生理前症候群)を改善する

10年前くらいは生理前のPMS(生理前症候群)
これがひどくイライラしたり気落ちしたり症状が重かったんです。

その対策で病院でピルをもらっていました。
なんとなく効いている気がする。
日によっては効いていない気もする。

ピルって毎日欠かさず飲む必要があるんです。
これも2年ほど続けてピルなしでPMS対策を考えた結果

アロマテラピーに出会ってかなり改善されました。
アロマの魅力を知って学校に通いアロマテラピーアドバイザーの資格もとって、

長年悩んでいたPMSを改善してくれたので
「いずれかこういった仕事・副業につこう」と思っていました。

そこで猫を飼うようになって知ったのが
アロマテラピー=猫には毒になること。

アロマオイルは直接お肌に触れなくても
香りだけで体内に入っていきます。
香りだけでも猫にとっては毒になり肝臓を悪くさせるので
アロマテラピーグッズ、アロマテラピーアドバイザーの資格を全て手放しました。

今は猫を飼うようになってPMSをほとんど感じなくなりました。

まさしくキャットセラピーはPMSにも効果があると体感しました!

ちょっと長くなってしまいましたが

  • 病院でピルを処方してもらう
  • アロマテラピーを取り入れる
  • ペットを飼う
  • ハーブティーを飲む
  • ゆっくりした時間を過ごす
  • ゆっくりお風呂につかる

などなど

女性にとってつらいPMS
自分にあった改善対策を見つけるといいですね!

まとめ

女性であることが嫌だ。苦痛だよ~。
と思うようになって実際にやってみたことです。

あと一つ。
下着選びが苦痛と思ったときは
全て同じもので色も同じ。
これで買う時も普段の生活でも選ぶ苦痛から解放されるんです。

わたしって性同一性障害(心とカラダが異なる事)なのか?
と思ったこともあります。

女性はどうしてもホルモンバランスが崩れる時もあるので
一つ一つ向き合って対策をして改善していく事で
少しでも楽になるので自分に合ったものを見つけてみるいいですね(^^♪

出来るかぎりストレスフリーがいいですよねっ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です