チャイナエアラインビジネスクラス搭乗記とラウンジ体験談

こんにちは、ゆかりんです!

今回は昔から貯めていたデルタマイルを使って
初めてビジネスクラスとラウンジを体験しました。

私は大阪住まいなので関空からの出発になります。

関空発のデルタ航空って
行ける国がめちゃ少ない・・・

なのでデルタ提携航空会社
チャイナエアラインのビジネスクラスで
香港に行くことに決めました♪

関空と香港のあいだに、
台北での乗り継ぎする必要がありました。

乗り継ぎなので時間はちょっとかかりますが
ビジネスクラスなので美味しい機内食が合計4回食べれる♪

関空→台北(乗継)→香港
香港→台北(乗継)→関空

そして大好きなシャンパン、ワインも好きなだけ飲める!

しかも台北の桃園国際空港をちょっと満喫できたのもラッキーでした。

ほんとう、ビジネスクラスとラウンジには感動がいっぱい。

 

  • LCCと違って席が広い
  • シートに着くとCAさんがコートを預かってくれる
  • シートに着くとCAさんがコートを預かってくれる
  • CAさんに「○○様」と名前で呼ばれる
  • 美味しいお酒が飲み放題
  • テレビが大きい
  • フルフラットなので熟睡もできる
  • シートに着くとCAさんがコートを預かってくれる
  • ラウンジでお酒も食事も食べ飲み放題

 

まだまだ沢山あるがキリがない!

それではラウンジとビジネスクラス搭乗記の始まり始まり。

それでは、行ってみようーーー。

関空サクララウンジ

ビジネスクラス以上だとラウンジに入れるという特典があるんです。

今までは素通りしていたサクララウンジ。

私にとって「開かずとびら」だったのですが生まれて初めて入る事にドキドキしました。

ラウンジに入ってみて

「おおおおおーーー(=゚ω゚)ノ」

リテラシー高い社長さんらしき人だらけ。
でほどんど男性でした。

なんか、普段では味わえない雰囲気。

私は女性なのでなんか浮いている感じ。

「私もお金持ちの仲間入り?」となりきっていました。

ラウンジはジュース、アルコール、食事は全て食べ飲み放題。

  • ビール
  • 日本酒
  • ウイスキー
  • ワイン
  • スパークリング
  • 焼酎
  • 梅酒

などなど

思ったより種類が多くてびっくりしました!

サクララウンジに入ったのは午前9時と早い時間。

旅の始まりは、
スパークリング白で1人で乾杯~^^♪

あては、魚一切れ、ラタトゥイユ、ポテトサラダ。

その後、口コミでサクララウンジの名物カレーライスを少し食べてみました。

お味は??

「コクがあって普通に美味しい」

正直いうと、名物という程ではないと思った。
(JALさん、ごめんなさい)

ちゃんと福伸漬け、らっきょうが嬉しい(^^♪

もう、このラウンジでずーっと飲んでいたかったよ~

メインはビジネスクラスの機内食とシャンパン、ワインが待っているので
ここではスパークリングワインを3杯飲んで後にしました。

そして名残惜しいと思いつつサクララウンジを出て
生まれて初めてのビジネスクラスのチェックインへ向かいました(^_-)

チャイナエアラインビジネスクラス

搭乗口はエコノミーとビジネスクラスに分かれているんです。

初めてビジネスクラスの搭乗口へ進んでみて、、
まるでレッドカーペット、ビクトリーロードを歩いている気分だった。

この時は11月で薄手のコートを着ていました。

席に座るとコートを預かって
クローゼットで保管してくれます。

CAさんから一人ひとり声をかけるのですが

私はこの時、コートを預かってくる事を知らなく
何が起きたか分からなかった(^-^;

とっさに「大丈夫です」と断ってしまった><
(恥ずかしかった・・・)

ビジネスクラスではコートを預かってくれるのだと知って
後から違うんCAさんにコートをお願いしました(笑)

そしてウェルカムドリンクがあるのですが

チャイナエアラインはアルコールではない。

ジュースか水
それと、おかきミックスが出てきます。

ビジネスクラスの中で最前列です!

脚を伸ばしても前の壁に届かない♪
めちゃ広々して感動だらけでした。

広々としたシートでくつろいでいると、
機内食と飲み物のメニューがやって来ます。

後ほど「○○様、今日はありがとうございます。」
と食事とドリンクを聞いてくれます。

なんてラグジュアリーな接客なんだと感動したよ!

チャイナエアラインのビジネスクラスの機内食

最近LCCばかりなので機内食を食べるのは久しぶり。

初めてのビジネスクラス機内食は
一番楽しみにしていました。

それに大好きなお酒が好きなだけ飲める。
といっても飲みまくる雰囲気ではなかったので
2杯おかわりを頂きました。

いつかビジネスクラスに乗ったら
空とシャンパンの写真を撮りたかった!

一つ夢が叶ったと1人でめちゃ感動と
ビジネスクラスの雰囲気を噛みしめたよ~^^

チャイナエアラインのビジネスクラスの機内食はどれも美味しく
洋風から中華もありました。

デザートのケーキからフルーツまで
シャンパンとぴったり合う♪

何年に1回でも自分のご褒美として

また、いつかビジネスクラスに乗って
この雰囲気を味わいたい!と強く思いました。

ビジネスクラスのシートにも種類がある

チャイナエアラインの機材によって
ビジネスクラスでもシートに違いがありました。

一番良かったのは香港から台北のビジネスクラス

ステンドランプにプライベートが確保されて隣の人と顔を合わさない席のつくりなんです。

毛布のかわりに布団なので自宅にいるくらいくつろげました。

当り前なのですがエコノミーと全然ちがう。

ビジネスクラスはテレビが大きい

LCCにはテレビが無いので、久しぶりにテレビのついている飛行機に乗りました。

しかもビジネスクラスのテレビは大画面のタッチパネル。

エンターテインメントがいっぱい。

  • 映画
  • テレビ番組
  • 音楽
  • ゲーム

どれも数が半端なく多いのですが、選んでいる間に時間だけが経過しがち。

ざっと見て、早く決めるのがポイントです。

大好きなゲームと映画を楽しみました。

普段は本を読んでいるのですが今回はビジネスクラスめっちゃ満喫しました。

香港国際空港のスカイチームラウンジ

香港のラウンジは関空のラウンジより
ほど遠い世界だと思っていたんです。

関空のサクララウンジより入る時よりも緊張しました(^-^;

入ってみると、ほとんど外人さんだったと思います。

香港のスカイチームラウンジはシャンパンを置いてないので、とりワイン(とりあえずワイン)で1人乾杯♪

食事はホテルの朝食バイキングといった感じです。

もちろん、ここのラウンジも食べ飲み放題なのですがメインはビジネスクラスの機内食とシャンパンなのですが、、
白ワインを結構飲んでしまった♪

空港のラウンジってラグジュアリーな雰囲気の中、大好きなお酒が飲めるのでとっても素敵な空間でした。

まとめ

初めてのビジネスクラスとラウンジを体験してみて思ったことは

またいつか乗ってみたい。行ってみたいと思いました。

一つ反省点は「もっと写真や動画を撮っておけばよかった」です。

またいつかビジネスクラスに乗った時は、
もっと動画や写真で詳しくお伝えさせていただきます(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です