老化要注意!夏の乾燥肌の原因とストップさせる対策6つの法則

こんにちは、ゆかりんです^^

ホント毎日暑い日が続きますね!

毎日暑くて汗や皮脂で顔がテカること多くなってきます。

この状態でエアコンや扇風機の風に当たる。
紫外線を浴びる。

この季節は
知らない間にお肌が乾燥しているケースが多いんです。

それでは夏の乾燥肌の原因と予防対策をお伝えいたしますね(^^)/

スポンサーリンク

夏の乾燥肌の原因はコレ!

乾燥肌って冬のイメージがあるのですが
夏もしっかりお肌が乾燥するシーンが多く
乾燥肌、肌荒れ、敏感肌になりやすい季節です!

夏が終わる頃はうっすら日焼けして
カサカサした肌で細かいシワが増えて老け込んだ感じに・・・

夏の乾燥肌になる原因はこれなんです。

  • エアコン、扇風機の風
  • 紫外線
  • 冷たいものをとりすぎる
  • 間違ったスキンケア
  • 洗顔をやり過ぎる
  • 紫外線

これが重なるとお肌が乾燥して
放っておくとヒリヒリかゆみが出ることも。

それから敏感肌になってしまう
という悪循環にもなりがちですなんです!

インナードライチェック

夏は汗と皮脂でお肌がテカっているので
お肌が乾燥していると気付かない事が多いんです。

これをインナードライと呼びます。

肌の中はカラカラ状態で実は夏の乾燥肌に!

そこから、シミ、たるみを引き落とし
疲れ切った老け顔にビックリした経験もあるのではないでしょうか?

それでは、あなたがインナードライか
お肌の乾燥状態をチェックしてみましょう。

  • 洗顔後お肌がつっぱる
  • 湯船につからない
  • 1日3回以上洗顔している
  • お湯で顔を洗う
  • クリーム・乳液をつけない
  • 湯船につからない
  • UVグッズ(日傘、日焼け止め)を使わない
  • 紫外線を浴びる時間が多い
  • ちゃんと保湿しているのに乾燥する

 

これに多く当てはまるほどインナードライの可能性大です!

早急に夏の乾燥肌にならない対策を行いましょう(・´з`・)

夏の乾燥肌の対策方法1【エアコン・扇風機の風】

暑い夏のエアコンや扇風機は熱中症にならないため必要なアイテムです。

電車、バス、オフィス、室内どこでもエアコンがかかっていますよね。

出来るだけお肌が直接「風」
当たらないように心掛けます。

直接風にあたりすぎるとお肌の水分が失う一方に・・・

扇風機を使う場合
ちょっとした工夫で少しでも
お肌に負担をかけないようにします。

  • 首振りにする
  • おやすみモード
    (動く⇔止まるの繰り返し)
  • タイマーをかける

などして、風の当たりを減らして
お肌の乾燥を防ぎます。

私は暑がりなので扇風機を毎晩使っていますが
おやすみモードで顔に当たらないようにしています。

夏の乾燥肌の対策方法2【紫外線】

強い紫外線のダメージがお肌の乾燥の原因になります。

1日の中で紫外線が多い時間帯は午前10時~午後2時の間。

外出する場合はUVアイテムを使って紫外線を少しでもカットします。

  • 日焼け止め
  • 日傘
  • サングラス
  • UV手袋
  • つばの長い帽子
  • UV加工の服

外を歩くときは、出来るだけ建物の日陰に入って歩くなど
紫外線から避けるようにします(・´з`・)

日焼け止め・化粧下地どっちが先?

紫外線の強い夏は日焼け止めは欠かせません。

今の化粧下地やファンデーションは
UVカットのものが多くでていますが
日差しの強い時期は日焼け止めも使うのがおすすめです!

メイクをする時の順番は・・・

  1. 日焼け止め
  2. 化粧下地
  3. ファンデーション

スキンケアでお肌を整えたら
1番に日焼け止めを塗るのが効果的です。

先に日焼け止めを塗ってください(^_-)-☆

夏の乾燥肌になる原因3【冷たい物の摂り過ぎに注意】

暑い夏はどうしても冷たい物を摂りがちになります。
冷たい麺やアイスクリームがめちゃ食べたくなりますもんねっ(´・ω・`)ウンウン

ほどほどなら良いのですが
冷たい物を摂り過ぎると、
内臓が冷えることで消化器官が低下します。

消化器官が低下→代謝も低下→血行が悪くなる

これがお肌の乾燥や肌荒れを起こしやすくなる原因に!

特に冷たいお酒、ビール、氷たっぷりのチューハイ
の飲み過ぎに気をつけたい物です!
(私がそうなので気を付けます!)

冷たい物を摂り過ぎたと思った時は
お味噌汁を飲んで時には身体も温めてます(・´з`・)

夏の乾燥肌の対策方法4【保湿力のあるスキンケア】

スキンケアを間違えると、乾燥や肌荒れを悪化させる可能性があります。

夏の乾燥肌を防ぐためには
正しいスキンケアで
しっかりお肌に保水と保湿することが大切です。

  • セラミド・アミノ酸が配合
  • お肌が刺激になる成分がない

ポイントは一時的にお肌の表面を潤わせるのではなく
乾燥しない肌に生まれ変わるスキンケア選びでが重要です。

スキンケアのポイント

【化粧水】
お風呂上り、洗顔あとは、すぐに化粧水を手にとり
手のひらで数秒温めて、顔全体に押さえる様になじませます。

「今日は紫外線浴びた」という日は
2~3回に分けてお肌に化粧水をハンドプレスします。

お肌に水分を入れ込むイメージで(^^)/

【クリーム】
化粧水をお肌にたっぷり含ませても
そのままだと蒸発していきます。

化粧水で水分補給した後は、次にクリームで保湿します。
水分をお肌の中に閉じ込めるような感じで♪

お肌の保湿成分が高い化粧水とクリームで
夏の乾燥肌を防ぎましょう(・´з`・)

夏の乾燥肌の対策方法5【クレンジング・洗顔の見直し】

夏は日焼け止めを塗っている分、
しっかりクレンジングして汚れとメイクを落とすことが大切です。

オイルタイプのクレンジングは界面活性剤が多く入っているので
メイクをしっかり落とせるのですが
洗浄力が高い分、必要より油分や皮脂まで取れてしまうので
お肌のセラミドの破壊の原因にもなります。

その上、W洗顔をしてしまうと更にお肌が乾燥しがちになってしまう・・・

しかしお肌の皮脂をとりすぎるクレンジングだと
お肌の乾燥になりやすい場合もあるので
出来るだけ保湿力のあるクレンジング、洗顔料を選びます。

保湿力のあるクレンジングW洗顔が不要なものが
お肌の乾燥が防げておすすめです。

夏の乾燥肌の対策方法6【ビタミンACEを摂る】

夏の乾燥肌の紫外線対策は身体の中からも
ビタミンACEが含む食材をたべて防ぐことができます。

身体の外から中から
どちらとも万全に対策するのがポイントですねっ!

ビタミンACE(エース)は老化の予防に効果的な栄養素。

紫外線を浴びると活性酸素が増えて
サビた状態に老化させる原因になります。

その酸化(サビ)を防ぐ抗酸化作用があるのがビタミンACEなんです!

ビタミンA

βカロテンが多い緑黄色野菜などが多くビタミンAが含まれています。

  • ニンジン
  • 玉子
  • レバー
  • ほうれん草

 

ビタミンC

果物、野菜に多く含まれています。

いちごは季節ものなので夏はキウイがおすすめ!
キウイを毎日食べると日焼けしにくいと感じてます。

  • いちご
  • キウイ
  • パプリカ
  • ブロッコリー

 

ビタミンE

ナッツ類、オリーブオイルなどに多く含まれています。

肌荒れ改善、メラニンを抑えてくれる作用もあるので
シミに予防にもなります。

  • アボガド
  • アーモンド
  • オリーブオイル
  • かぼちゃ

 

まとめ

夏に起こしやすい乾燥肌の原因と対策についてお伝えさせていただきました!

夏は顔がテカっているので
まさか乾燥しているとはと感じてしまいがちですが
紫外線、エアコン、冷たいものを摂り過ぎなどで
夏の乾燥肌を引き起こしやすくなります。

夏の乾燥肌、肌荒れが気になる方は
放っておくと後から

  • たるみ
  • シミ
  • 老化肌

 

などの症状が出て後から後悔しないように
出来ることから対策をしてみるといいですねっ(^_-)

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • うわ❤️とてつもない速さで復旧されましたねっ!徹夜、大丈夫ですか。昨日の動画サイトでコメさせてもらい、今日も私は懲りなくブログチェック‥‥したら、お見事。なんか、パワーアップされてませんか。読んだことない記事が出てきましたよ。これから拝見させてください。

    何はともあれ、お疲れ様でした。復活してくれてありがとう。では。

    • こんにちは。励ましのメッセージありがとうございます。
      これからは、今まで以上に気をつけて前進していこうと思います。
      今後とも、ヨロシクお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です