女一人旅行記【2日目】深圳で朝飲み、散歩、夜ご飯。それだけ(笑)

 こんにちは、中国広州で半泣きべそかいた、ゆかりんです。笑

 

女一人旅、1日目は思い通りに行かなかった。

今となっては全て良い思い出なのだが、その時は2日目は絶対に充実させたい!という気持ちが大きかったのだ(・´з`・)

とにかく少しでも早く深圳に向かいたかったので、朝早起きしました。

それでは、2日目の旅行記のはじまり、はじまりーーー(*´▽`*)

スポンサーリンク

広州から深圳へ移動する

 

朝8時台から広州東駅に向かい、とにかく深圳へ早く行きたかった。

 

「絶対に美味しいビール、飲茶を食べる!」と決めていたので気合いがもの凄い(笑)

 

前日の高くてイマイチのレストランで虚しかったから穴埋めしたかったのだ( *´艸`)

 

まず広州東駅で深圳行の切符売り場を探す。

 

一番右の案内板ですぐ分かったのが、なかなかたどり着けず同じところに何回か戻りループ状態。

 

 

ループしながらもスーツケースを引っ張っている旅行者らしき人に着いていって、切符売り場にたどり着いた。

 

自動発券機もあり20分ほど格闘したが、中国人身分証明書をスキャンする必要があり、海外旅行者は人がいる窓口のみと後からわかった。

 

窓口、一番右で切符を購入♪ここまで1時間ほどかかったが、すごくホッとしました

 

「これで中国広州、脱出できるーーー」

 

この時は、そんな気持ちであった。(広州さんごめん。また行くからね!)

 

99.5元=約1,650円

 

二等席と一等席(一等座)があり300円ほどしか変わらないので、ちょいとリッチに一等席にした♪

 

 小さな喜び、中くらいの幸せ、大きな幸福、どれもhappyにゃおね♪

 

 

香港から中国広州行きの電車も、広州から深圳行も、時刻表通りではなく5~10分ほど遅れて出発。

日本では考えれないけど、中国ではこれが当たり前なのかもしれない。

 

めちゃ中国って感じの電車(^-^;

車内はこんなかんじで、お客さんは少なかった。

 

この電車に乗ったら、こっちのもんだい♪と

1人脱出ごっこ(笑)を半分楽しみ、半分ホッとし、その半分、朝昼飲みに期待した。

〇〇ごっこ。なりきり、楽し♪

 

深圳に到着

 

約1時半で深圳に到着。

深圳には5年ほど前に行った事があるのだが、地理がまったく分からなく、また迷いまくった(^-^;

広州みたいな不安感はないのだが、車やバイクのクラクションは鳴りまくり。バイクは人の真後ろで鳴らすのだが現地の人あまり気にしてないもよう。

中国では普通なのだろう。

 

広州と同じで深圳の交通優先順位も

車>バイク>自転車>人間

な感じであった(*´ω`)

 

住むのには大変そうだけど、

「中国だァーーー」

の感情、感覚を全身脳みそにインプットされ今でも鮮明に記憶に残っている♪

丹桂軒の飲茶で朝から昼飲み

 

まずは泊まるホテル、新都酒店(センチュリープラザホテル)2階にある飲茶レストラン丹桂軒に駆け込んだ。

お手軽に朝昼飲みできる所を調べたところ、ここくらいしかなかった。

朝8時から開店している。深圳で朝飲茶(朝飲みw)できるの希少なお店である。

中国、香港も朝、昼飲みできるお店は日本みたいに多くないのだ。

飲茶で必ず注文する海老餃子。

他店より海老がぎっしり!!!

すこしお高いだけあって点心の質も良い♪

めちゃ美味しかった(*´▽`*)

 

青島ビールと点心を楽しみながら、あともう一品食べたい!大好きな海老が食べたく注文したのが

海老のフリッターをとろみのあるコーンスープをかけたお料理。

 

めちゃ美味しかったのだがお値段3000円くらいした記憶。

 

食べる飲む、YouTube動画優先でメニューの写真を撮り忘れた、というか、、撮らなかった。(下のYouTube動画に撮っているから見てね^^)

ここで2時間ほどゆっくり食べ飲みを楽しんで、ホテルにチェックインして即昼寝。

YouTube動画のコメントで

「もったいない」というお声もあったけど、この時は思うがままに、

疲れてたら寝る。

観光したかったら外に出る。

自分の気持ちに従った(^◇^)

YouTube動画【ゆかりんチャンネル】

 

  • 中国広州から深圳へ電車で移動
  • 丹桂軒で食べ飲み
  • 丹桂軒のメニュー
  • 新都酒店(センチュリープラザホテル)の中

 

 

ゆかりん女一人旅2日目、前半の動画である。

ただ、広州から深圳へ移動して朝昼飲み食べして昼寝しただけ(笑)

お腹も気持ちも満たされ、ほろ酔いで昼寝が出来て、大満足であった(^_-)-☆

このおかげでパワーチャージして、夕方からの深圳散策を楽しめたのだった。

 

深圳の街を散策

 

新都酒店(センチュリープラザホテル)の近く、羅湖村。

村と言っても飲食店、お店がいっぱいのローカルな下街。

やっぱり初めての場所はドキドキワクワク( *´艸`)

めったに味わえない高揚感って本当に貴重なので今この時を満喫した。

 

また旅がしたいよー。

 

自由に思うがままに歩き回った(^^)/

 

中国深圳の発展は猛スピードで進んでいると聞くのだが、この時はローカルな羅湖、狭い範囲をゆーっくり散策した。

 

 

キラキラしたビルや看板、その反面場所によって薄暗い(電気代節約?)感じが中国らしいと独特の雰囲気を楽しめる。

 

詳しくは下のYouTube動画で(^◇^)

 

女一人旅2日目。後半のYouTube動画

女一人旅2日目後半の動画です。

  • 深圳羅湖の街並み
  • 翌日深圳から香港入りのため予習
  • いろいろなビル、看板、街並み
  • 街市(ローカル市場)
  • 晩ごはん一人飲み

 

深圳の雰囲気がより一層、伝わると思います(^◇^)

 

晩ごはんは揚州炒飯とビール

 

名前も知らない、目立たないお店。

あてもなく感覚で「ここにしよう♪」とフラッ入ってみた(^◇^)

香港では茶餐廳(チャーチャンテーン)食堂とカフェ、ファミレスの小さいい版みたいな感じのお店。

 

お昼は飲茶とビールを腹12分目くらい食べ飲みしたので、お腹の空き具合が軽かった。

メニューは点心、一品、定食などバラエティー豊富だが

そして、めちゃ炒飯が食べたくなり揚州炒飯と青島ビールを注文。

 

お値段なんと、、

 

青島ビール 10元=150円くらい

揚州炒飯 28元=450円くらい

 

  • めちゃ安い
  • ソファ席、居心地よい
  • 青島ビール大瓶、しっかり冷えてる150円素晴らしすぎ
  • 揚州炒飯めちゃ美味しい、具だくさん
  • 地元の人は居酒屋扱い、仕事帰りの晩ごはん。ちらでもイケる

 

 

普段なら青島ビールおかわりしているはず。

しかし翌日の最終日は深圳から香港で時間が限られている。

そして香港はしご酒を予定しているのでホテルに帰ってのビールも珍しく飲まなかった。

飲む気持ちではなかったのら(*´ω`)

 

お店を出て、すこし裏側を散歩する。

 

  • ちょいと危険なような、、
  • 薄暗さが哀愁を感じる
  • ノスタルジー
  • カオス
  • 不思議空間

 

またまた、この雰囲気なかなか味わえない、めちゃ貴重な時間、思い出になった。

今、記事を書きながら、「あれは夢だったのか」といった感覚。

 

また、知らない場所に行きたい!!!

冒険モードになっています(・´з`・)

まとめ

女一人旅2日目、深圳を満喫した記事でした。

朝昼飲み→昼寝→散歩→晩ごはん(これだけ 笑)

ショッピング無し。

人によって旅の目的、楽しみ方は様々だと思います(*´▽`*)

これをやって

  • ワクワク
  • 楽しい
  • 幸せ

 

これを感じれてるか?

が旅の充実度が変わってくるなぁと実感。(普段の生活でもねっ♪)

歳を重ねるたび、自分の思考をじーっくり観察するようになって旅がより一層楽しくなりました(^^♪

 

次は、女一人旅3日目、深圳から香港入り。

香港はしご酒した記事を書いていきます~~~^^

 

最後まで、お読みくださり、ありがとうございます。
スポンサーリンク